腸内フローラについて知り、健康のために役立てよう

それぞれの働き

人間の腸内に花畑が広がっていることはご存知でしょうか。もちろん本当の花が咲いているわけではありません。人体には100兆個、300種類の細菌が生息しています。これは種類ごとに群れをなしているため、区分けされた花畑に例えられているのです。これらは「腸内フローラ」と呼ばれています。

この腸内細菌は「善玉菌」と「悪玉菌」そして、それらに属さない「日和見菌」に分けられます。善玉菌は体内で人体に有益な活動を行なっており、逆に悪玉菌は人体に悪影響を及ぼす活動を行います。その二つに当てはまらない日和見菌は、優勢な方と同じ働きを行います。善玉菌が多ければ何も害は及ぼしませんが、悪玉菌の数が増えると体に有害な活動を行うのです。

善玉菌も悪玉菌も体内に吸収された食物を分解することには変わりありません。しかし、主に善玉菌は糖類を分解し悪玉菌はタンパク質を分解します。善玉菌は糖類を発酵させ健全な弱酸性を保っているのに対して、悪玉菌はタンパク質を腐敗させます。腐敗した食物は体内で有害なガスを発生させるだけでなく、発がん性物質も作り出す可能性があります。そのため、健康リスクに気を配るのであれば決して見逃せない存在と言えるのです。